ノンビリ。

昨日、今日とkomamono yaらしいノンビリ営業日。

ほとんどが身内(?)の方ばかりの来店でした(笑)

そんな中 遠方からのお客様もあり、

とっても申し訳ない日でした。。。



komamono yaは、とーっても田舎にあって

しかも もの凄く小さいお店。。。本当に来てくださるだけで恐縮します。

こんなつたないブログをご覧になっていらしてくださる。。。本当に感謝でいっぱいです!!


d0143192_19184684.gif






今日、お店が終わって道路の看板を下げようと坂を下りていたら、
軽のワゴンに乗ったままの夫婦らしき人が、ある方向を見て何やら喋ってる…

(なんだろう…?)その方向を見ると若い男の人が道路にうずくまっているではありませんか!




「だ、大丈夫ですかっ!!!」思わず駆け寄ると

「ううっ…」と嗚咽を上げてて 真っ赤な顔で「すみません…気分が悪くなって…」

「熱中症じゃないですか?」(そういえば、昨日から うちの向かいの草刈をしていた人だ)

「熱中症って何ですか?」(へっ?こんなに世の中、熱中症で騒いでいるのに…)

「この暑さで熱が下がらなくなり、最悪 死にます」(私も慌ててて意味不明の内容)

「バ、バケツに水を…」(ひっ!動揺して、そんな肝心なコトも忘れてた!)

「今、持ってきます!少々お待ちをっ!」

バケツに水を入れてる間に、冷凍庫にある保冷財を4つほど握り締めて来た。

「と、とにかく体を冷やしましょう!」(首と脇に保冷財を当てる)

「会社に電話しないと…」(気分が悪くなって作業が遅くなることを伝えてる)

「そんな…今日はもう、帰ったほうがいいですよっ!」

「僕は学生のときにラクビーをしていたので丈夫なんです…」

「それとこれは話が別ですっ!死にますよっ!飲み物は持って来てないんですか?」

「あ…買ってきますから大丈夫です…」(なに?この暑いのに持ってきてないとは)

「ちょ、ちょっと待ってて!!!」慌ててお店でお出ししている冷たい紅茶を持ってくる

「スミマセン…頂きます」かなり喉が渇いていたようで一気に3杯飲み干す

「このお茶美味しいですね^^カフェをされてるんですか?」

「いえ、雑貨屋をしてます」

「お礼に今度お店に行きます。こんなトコにオシャレなお店があるんですね」

(そんなことを言ってる場合か…自分の心配をしなされ)

「お礼なんていいですよ。そんなことより今日はもう、帰った方が…」

「でも、あそこまでは草を刈りたい…」

「だめです。草が生えてても人は死にません!熱中症の方が危険です!」

「スミマセン。なんか草刈を舐めてました…気をつけます…」

そんなこんなで、娘のお迎えの時間になる。。。どうしよう。

「もう、大丈夫です^^」その言葉を聞いて「じゃあ気をつけてくださいね」でも、心配だなぁ…

その場を立ち去りましたが、気になったので母に電話して様子を見に行ってもらうことにしました。

母から電話があり、もう帰られて居なかったたらしい。

ああ、大事に至らなくてよかった。。。。




しかし、あの眺めていた夫婦…本当に冷たいなぁ…せめて車からでも声を掛けてあげてもいいのに。

意外と温厚と思ってる田舎の人の方が、ビビッて助けられないのかしら。。。怖い。



長いお話に付き合っていただき、ありがとうございました。

皆さんも熱中症にお気をつけてくださいね。
[PR]
Commented at 2010-08-21 23:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by komamono-ya at 2010-08-22 00:41
鍵コメさま*

そう…意外と恥ずかしいとかあるのかしら…

でも、どう見ても尋常じゃあなかったよ-!

多分、20代くらいかなぁ~若いと言ってもねぇ…もう少し用心しないとね。

「こんな風になったのは始めてで…」って言ってた。


うちも明日、草取りです…

午後からは、説明会に行って来ます…

お互い 頑張りましょうね^^

お出かけ楽しみにしてます。
by komamono-ya | 2010-08-20 19:19 | メモ | Comments(2)

komamono ya


by komamono-ya
プロフィールを見る
画像一覧